バイエルの勃起不全の薬は脳梗塞になった後も使えるか

ドイツのバイエル薬品が開発したレビトラは、即効性が高い、食事の影響を受けにくいなどの特徴で勃起不全の方に人気があるお薬です。勃起薬は主に3つありますが、レビトラは他のお薬より硬くなるという使用者の感想があります。勃起不全で中折れしたり硬さが足りない人は、ぜひバイエルのお薬を飲みたいとお考えでしょうが、脳梗塞になった事がある人は使えないのは本当でしょうか。
勃起不全のお薬はどこのメーカーのものでもたいてい、6か月以内に脳梗塞や脳出血などの脳血管の病気を起こした人や、心臓血管の病気のある人は飲めません。脳や心臓の疾患がある人は治療して半年以上経ってから使用せねばなりません。陰茎に血液が充満する勃起は、血圧が急上昇するなどで血管に負担を与えますし、脈も乱れます。血管の病気の方だけでなくて、高い方の血圧が90mmHg以下しかない低血圧だったり、170mmHg以上もある高血圧だったりすると処方してもらえないようです。性行為は体に負担になりますし、やはり体調を整えてから挑むことが大切です。
最近病院に行っていないし健康診断も受けていないけど、勃起不全のお薬は飲んで大丈夫かと心配な人もいるかもしれません。病院で処方してもらう場合、お医者さんの問診に加えて、血液検査や脈の測定、尿の検査などが付随していることが多いです。もし問題があればバイエルのお薬も他のメーカーのお薬も出してもらえません。最近はネットの個人輸入などで医師の診断なしに勃起不全のお薬を購入する人がいますが、健康状態によってはとても危険なのです。個人輸入のお薬を飲んで体を壊しても、自己責任なので治療費の補助や国からの保障も一切受けられません。脳梗塞の病歴がなくても、ある程度の年齢の方は病院で処方してもらった方が安全です。

勃起不全になると治るのか不安に感じてしまい、余計に治りづらくなります。そんな時は思い切ってお薬で勃起不全を改善しちゃいましょう。皆さんがよく知っているバイアグラの他にも色々とED治療薬はりありますので、ご自身にあったお薬を選びましょう。

説明する女性のイラスト