勃起不全治療薬の使い方

勃起不全を治療するために使われる薬となっているのが勃起不全治療です。
バイアグラやシアリス、レビトラといったような薬が現在多く使われている勃起不全治療薬なのですが、薬である以上は常に正しい使い方を心得てなくてはならないということは忘れてはなりません。
ではこの勃起不全の使い方というところでチェックしたいのは何かというと、まず最初にチェックしたいのが服用するタイミングです。
こうした薬に対しては「性行為の直前に飲めば良いのでは」と考えてしまうことが多いのですが、薬のほとんどは飲んだ直後に効果が出るというわけではありません。
効果が出るまでには体に吸収されなくてはならず、体に吸収されるには少々の時間が必要なのです。
実際に服用するタイミングとしてはバイアグラとレビトラが性行為の1時間前、シアリスは性行為の3時間前がベストタイミングとされていますので、このタイミングで服用するようにしましょう。
ちなみに薬はお酒との併用が出来ないのが基本なのですが、勃起不全治療薬の場合はいずれも「適量であれば併用可」とされています。
もちろん泥酔するほどのお酒を飲んでしまってはいけませんが、ほろ酔い程度であればお酒を飲んでからでも使用できるわけです。
また同様にチェックしなくてはならないのが「併用禁忌」についてです。
併用禁忌とは一緒に飲んではならない薬のことであり、いずれも硝酸剤が併用禁忌に指定されています。
硝酸剤は主に狭心症などの心臓病の治療に使われる薬ですから、もともと心臓に疾患を抱えている場合は専門医に相談をしなくてはなりません。
本来の使い方で使わないと当然本来の効果を期待することは出来ませんから、もし使い方がわからないのであれば必ず医師や薬剤師に確認をするようにしてください。

勃起不全は薬を使い過ぎても

勃起不全の治療薬には習慣性がないので、使い続けても特に問題はありません。
長期連用による副作用はありませんが、薬を使い過ぎるのは得策とは言えません。
確かに薬を服用すればすぐに勃起してくれますが、薬に依存すると根本治療が疎かになりますし、何よりも高額な費用がかかります。
ED治療薬は今後も保険適用となる見通しは立っていません。
最安値クラスの薬でも、医療機関で処方を受けると1,000円くらいします。
月に10回のSEXをすれば、1万円もかかってしまいます。
理想的な治療法は、薬を服用しなくてもSEXができる状態にすることです。
高齢の方ならば仕方ありませんが、中年世代では薬に頼らなくてもどうにかなります。
薬に頼らないためには、精力剤も組み合わせてみるといいでしょう。
精力剤は勃起不全の治療薬ではなく、健康食品に属するものです。
副作用の心配がありませんし、価格も1ヶ月3,000円程度ですみます。
長く飲み続ける必要があるので、高すぎるものは避けましょう。
製薬会社が販売する精力剤ならどれを選んでも失敗はありません。
精力剤を飲み続けていると、射精時のドクドク感が強くなってきます。
身体の巡りをよくする成分が含まれており、勃起時に陰茎海綿体を膨張させるのです。
薬のような即効性はないので、継続的に飲んで体質を改善していきます。
体感までの期間は、平均して1~3ヶ月くらいです。
体質改善をして勃起不全を治す場合は、数ヵ月はかかると考えましょう。
飲んで数日で効くなどと過大アピールするサプリは避けるべきです。
薬効成分を含んでいない以上は、効果や即効性をアピールすることはできません。
体感するまで地道に飲み続けることが大切なのです。

勃起不全になる前に生活を見直す

勃起不全は今日・明日で発症することはありません。
少しずつペニスの元気が衰えていくので、自覚しようと思えばはっきりとわかります。
自分はまだ大丈夫と根拠のない自信を持たず、5年前、10年前の勃起力を思い出してみましょう。
ペニスの角度や硬さは今よりも確実に上だったはずです。
加齢により徐々に減退していくのは仕方のないことですが、急にそのスピードが早くなってきたら何か問題があると考えるべきです。
一番確実な対策は、生活をまとめて見直すことです。
夜ふかしをすれば身体に悪いことは誰でも知っています。
ストレスが精神疾患の引き金になることも知っているはずです。
身体に悪いと言われる習慣をすべて解消していけば、勃起不全の進行スピードを遅くすることができます。
一般的に勃起不全とは、加齢により自然と発症するものは含みません。
何らかの生活習慣により発症するものに対して言うのです。
将来的に勃起不全のリスクが高いのは、現在において肥満体の方です。
肥満はあらゆる生活習慣病の卵と言われるように、肥満になっていいことは何もありません。
体重が増加すると動くのが辛くなるので、必然的に運動不足になります。
すると筋力も強化されないので、ますます勃起力は減退していくのです。
さらに肥満は冷えや血行不良も招くので、急激に勃起不全を促進させます。
健康診断や人間ドックの数値が正常であれば、その状態がベストです。
今後も指摘を受けないように健康維持をしていきましょう。
脂質異常症、高血糖など、指摘された症状がある場合はそれを中心に改善していきます。
勃起不全は血行障害により生じるので、血流が悪くなる習慣は大敵です。
食生活で血液サラサラ食材を多く摂ることも大切でしょう。
■バイアグラのジェネリック医薬品
シラグラを安心して購入するには
■オススメの通販サイトのご紹介です
薬 通販

勃起不全になると治るのか不安に感じてしまい、余計に治りづらくなります。そんな時は思い切ってお薬で勃起不全を改善しちゃいましょう。皆さんがよく知っているバイアグラの他にも色々とED治療薬はりありますので、ご自身にあったお薬を選びましょう。

説明する女性のイラスト